カテゴリ
全体
氏郷って良いよね!
不定期日記
蒲生氏郷の話
RJW関係
以前の記事
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
元気にしてますか?
by 小野妹子 at 00:49
>つねつね殿 すみませ..
by ujisato1556 at 03:54
幸せは、積み重ねていくも..
by 冷泉隆豊 at 02:14
えっと・・・返事遅くなっ..
by がもじ at 22:40
遅れましたが、お誕生日お..
by 冷泉隆豊 at 23:33
無塗装でも完成するとそれ..
by がもじ at 21:54
ガンプラほどに売れないプ..
by kikutei at 00:42
さっそくコメント&リンク..
by rjw.tunetune at 09:50
私もブログとやらを作って..
by rjw.tunetune at 06:48
ありがとうございます(^..
by 冷泉隆豊 at 00:00


カテゴリ:蒲生氏郷の話( 2 )

蒲生氏郷のプロフィール

とりあえずプロフィールでもと思い書きましたが長くなってしまいました(^^;)

「生没年」
1556年(弘治二年)~1595年(文禄四年)2月7日 享年40歳

「幼名、別名」
鶴千代、忠三郎、教秀、賦秀、レオン(洗礼名レオ、レアンとも)

「官職」
飛騨守、侍従、正四位下左近少将、従三位参議

「居城」
近江中野城(日野城)→伊勢松ヶ島城→伊勢松坂城→会津鶴ヶ城(会津若松城)

「領地、石高」
近江日野6万石→伊勢松ヶ島(松坂)12万石→会津若松42万石→会津若松73万石→最終石高 会津若松九十一万九千三百二十石(再検地後)

「家族」
祖父「蒲生定秀」父「蒲生賢秀」母「桐(後藤実方の娘)」
妻「冬(織田信長の娘)」子「蒲生秀行」「せき(前田利政室)」

「流派」
利休七哲筆頭、大坪流馬術、中堀流槍術

「装備」
銀の鯰尾形兜、南蛮胴具足、十文字槍、会津正宗、蒲生正宗、小雲雀(愛馬)

「主な戦歴」
大河内城攻め(初陣、北畠氏)
手筒山城攻め(朝倉氏)
姉川の戦い(浅井朝倉連合)
第一次長島一向一揆攻め(本願寺勢力)
鯰江城攻め(六角氏残党)
宇治槙島攻め(足利氏)
朝倉勢追撃戦、大岳の戦い(朝倉氏)
第二次長島一向一揆攻め(本願寺勢力)
荒木村重の乱(荒木氏)
天正伊賀の乱(伊賀豪族)
日野篭城戦(本能寺の変、明智氏)
伊勢亀山城、峯城攻め(滝川氏)
伊勢攻め(織田氏)
小牧、長久手の戦い(徳川氏)
厳石城攻め(九州平定戦、島津氏)
小田原攻め(北条氏)
葛西、大崎の乱(葛西、大崎氏残党)
九戸政実の乱(九戸氏)
[PR]
by ujisato1556 | 2005-01-31 19:58 | 蒲生氏郷の話

まず最初に

日本各地に群雄が割拠した戦国時代。蒲生氏郷は1556年に近江に生まれ、織田信長、豊臣秀吉に仕え、6万石の小大名から92万石の大大名になり、ポスト秀吉の一人と目されながらも秀吉の死より3年早い1595年に齢39歳(数え年40歳)にしてこの世を去る。文武両道に優れ、千利休をして「日本に一人、二人の御大将」と言わしめた程の武将でありながら、現代においてその知名度はあまりにも低いと思われます。かく言う僕もふとしたきっかけが無ければ、一生知ることが無かったと思います。なんの因果か分かりませんが、僕も蒲生氏郷を知り、好きになった者の一人として彼の業績、魅力、その人となりを少しでも多くの方に伝えられたらと考えております。
[PR]
by ujisato1556 | 2005-01-21 22:36 | 蒲生氏郷の話




歴史、戦国時代
by ujisato1556
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お気にいリンク
  -RJW関連リンク-

  RJW歴史時代ワールド
歴史好きが集うサイト。アイコンチャットが超秀逸です

      大國民
RJW仲間である藤原経清殿のブログ。漢字文化圏(中国、台湾)のニュースや歴史についての内容も掲載。

-その他のリンク-

丸竹産業株式会社my甲冑はここで製作して貰いました。甲冑の他、多数の歴史グッズを取り扱っております

(有)第一不動産販売ここで働いてます。新築住宅の所に僕の設計した家が載ってます

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧